企業間の取引の中で、最近は減少傾向にあるものの、手形による代金決済というのは現在でも行われています。
手形というのは、手形の紙面に定められた支払期日に現金を支払うという約束の書面のことで、銀行を通して決済を行なう事ができます。
手形取引のメリットとしては、定められた期日よりも前でも現金に換金することができる点にあります。
ただ、期日までの日数をもとに、一定の割引率を乗じて算出される割引金額を差し引かれることになります。
この手形割引処理は、企業ごとに銀行側が利用できる割引枠を定めています。
そのため、信用度の低い企業の場合は、割引枠が無くなって割引申請ができなくなるということもあり得ます。
この枠がなくなっても、割引申請をする方法があります。
それは、銀行を介するのではなく、専門の業者に依頼をする方法です。
こういった手形取引の専門業者は結構あります。
銀行の割引率よりも高い割引を受けることが多いですが、それでも現金が至急欲しいという場合に有効な手段だといえます。
当日中に手形を資金化したい等、至急の依頼にも対応してくれる業者もあります。
こういった業者を有効に活用して、資金繰りを効率よく勧めたいものです。

こちらをクリック