歯の健康が全身の健康につながるという結果が、近年注目されています。
では具体的にどういうことなのか、このページで簡単にご説明したいと思います。

大人が歯を失う原因のトップが「歯周病」です。
この病気は、歯に残った歯垢から細菌が繁殖し、歯茎の炎症を引き起こすものです。
痛みなどの自覚症状もないまま進行していき、悪化すると歯の土台である骨(歯槽骨)まで溶かして歯が抜けてしまいます。
食べ物を摂取するのと同時に細菌も体内に入ってしまうことで、歯だけにとどまらず全身疾患の原因にもなりうることが分かってきました。
はじめに、糖尿病は歯周病と大きな関係があり、歯周病の人の血中に増加する「炎症性サイトカイン」は、血糖値を下げようとするインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させてしまうようです。
逆に、歯周病の治療をすることで糖尿病の症状も改善されるという結果も明らかになってきています。
次に心筋梗塞や脳梗塞、狭心症などの動脈疾患にも、歯周病は影響を与えてしまいます。
歯周病菌と動脈疾患の直接的な関係はまだ十分に分かっていませんが、動脈硬化を起こした血管の中を調べると歯周病菌が見つかるというケースが報告されています。
このほかにも、インターネットで検索すると出てくる「肺炎」「メタボリックシンドローム」「骨粗鬆症」なども歯周病と大きな関係があるようです。

メディカルドキュメントというページでは、歯科医院の検索ができるほか、実際に通院した方の口コミも見ることができます。
定期的な検診のほか、ブラッシング指導や歯のクリーニングを行ってくれるところも多くありますので、この機会に歯のメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。