LEDビジョンは小型パネルを組み合わせて構成されています。
そのため、液晶ディスプレイのように決まったサイズや形の制限が無いという特徴を持っているのです。
例えば、通常は四角であるのが当たり前というイメージがあるディスプレイであってもカーブや球体、その他イマジネーションが働くまま思い通りのデザインが可能になるのです。

また、このような独創性だけではなく非常に環境適性が高いということも指摘されています。
そもそもLEDビジョンは昼間の屋外であっても映像をはっきり映し出すことが出来るという強みを持っています。
そのため、雨やホコリなどに対して非常に強いというアイテムも多いのです。
さらに、万が一故障したとしても部分的に交換が可能であるためメンテナンスが容易であるということも指摘されています。

このようなLEDビジョンのメリットを最大限に引き出したいのであれば施工実績が豊富な業者を選ぶのが良いでしょう。
何故なら、ノウハウが蓄積されている業者は設置工事だけでなくメンテナンスや顧客に対する提案も適切に行なってくれるからです。
株式会社クラウドポイントのようにデジタルサイネージ全般の納入数が18,500面という数字で、選ぶのが初めての業者選びには欠かせないポイントだと言えるでしょう。

https://www.cloudpoint.co.jp/digitalsignage/vegasvision/