色々な企業では、公式SNSアカウントを利用し、スピーディに情報を発信しております。
今の時代は情報を発信するスピードが命のような所がありますので、これまでの雑誌や新聞、折り込み広告、ラジオやテレビのCMよりもスピーディなSNSは重宝されております。
また、SNSでしたら、他の広告媒体と違って、お客さんや興味のある方の生の声を知ることができますので、企業にとってもメリットが非常に大きくなっております。
その為、大小さまざまな企業で広報の方を担当にし、日々情報を発信しているのです。

しかし、SNSなどはメリットばかりではなく、デメリットも沢山あります。
例えば、担当者が自分のSNSと勘違いしてしまい、政治的な発言をしてしまったり、男尊女卑の発言などを投稿してしまったり、意見をくれた利用者に暴言を吐いてしまったりなど、トラブルになるリスクもあります。
そういったトラブルは、誹謗中傷に繋がりかねませんので、絶対にしてはいけません。
そういったトラブルにならないように従業員の方々には、しっかりと研修をしてもらう必要がありますし、仮に誹謗中傷をされ炎上してしまったような時に頼れるスピードガードのような企業を見つけておくという事も重要になります。

https://speedguard.net/