一般にゴールドライセンスと呼ばれている中でも、最高峯として認識があるのが、医師免許です。
憧れのライセンスでありながらも、一人前の医師として活躍するまでには、長い道のりと、想像以上の努力が必要とされます。
世の中では、教育をしっかり受けた、真の医師を必要としています。
医学部を卒業してから、義務とされる2年間の臨床研修医期間を終了してから、病院勤務になるのも本人次第です。
もう一つ用意されているのが、専門的な科目を徹底して学んでいく、この研修を受ける、後期研修医として進む道です。
研修医は英語で、レジデントといいます。
その意味は、住み込みとも訳されます。
医療の研修医とは、かけ離れているかのようにも感じられる意味です。
研修医は住み込みで働くのかというと、それほどのイメージで医師としての心得を習得するのです。
後期研修医ともなると、救急時においても患者に対して、一人で対応していける力を養っていく場ともなってきます。
勤務は長時間となるため、体力面でも必要性があります。
体力もある若い今だからこそできるチャンス、それが後期研修医です。
現在、東京医科大学病院では、シニアレジデントの募集をかけています。
やる気と志を、後期研修医として十分に発揮し、未来へつなげていくことのできる時節ではないでしょうか。http://www.tokyo-med.ac.jp/ortho/news/senior_resident.html