M&Aといえば、合併と買収の事ですが、大企業がそれをすることによって、無駄なものを省いて会社を大きくなるイメージがあります。
しかし実は中小企業でもそういう動きはあるもので、それぞれの技術をうまく利用することによってシナジー効果をえら会う傾向があるそうです。
ですが、こうした会社はノウハウが少ないので、合併に失敗したり頓挫するという事が多々あるようです。
そこでこうした法律に詳しい税理士さんにお任せするのがいいのでしょう。
特に大阪の羽原公認会計事務所はお勧めで、営業譲渡や会社運営のアレコレに親身になってやってくれます。
前述の通り、税理士さんですから、的確な給料の渡し方や、税金対策税金処理をやってくれますから、コンプライアンスも完璧です。
ほかにも監査もやってくれますし、個人資産税務の対応や贈与税のシミュレーションなどの個人資産のコンサルティングもやってくれますから、税金や会社運営で困る前に利用したいところですね。