経済環境の様々な変化により、株式や債券、不動産など投資資産をめぐる状況は以前とは大きく異なってきています。
こうした中で、海外不動産投資は為替リスクやインフレリスクに備える手段の一つとして、大きく注目を集めています。
また、リスクヘッジという消極的な視点だけではなく、投資地域の成長を見込んだ積極的な資産運用先として将来性も期待されています。
投資対象として考えられる地域の中で、アジア新興国は特に成長性を見込まれていますが、成長著しいASEAN諸国の中でシンガポールやマレーシアは既に価格や規制の面で魅力的とは言い難い状態になっています。
先行するこれらの地域と比べて割安感が継続しているのがフィリピンです。
フィリピンは今後、BRICsに次ぐ経済成長を見込まれる地域と見なされており、人口ボーナス期が今後40年以上継続すると考えれられています。
さらに、首都圏を中心とするインフラ整備計画も進んでおり、日本からの援助や多数の日本企業の参画もなされています。
未だ低水準にある不動産価格ですが、人口増加に伴い高利回りと空室率の低さが期待できます。
アジア1位の英語圏として株式市場でも評価を高めているフィリピンは、魅力的な海外不動産投資の対象といえるでしょう。

https://philippines.marimo-outbound.com/