お金を借りる以上は、貸した側としては返済できる見込みがある事を調べる必要があります。
その金額によっては、仮に毎月の返済相当額を十分に支払えるだけの能力を持っていたとしても、不動産を担保に預けて融資を受ける事が条件になるのも、これに該当するからなのです。
つまり借りる側の信用を不動産という形で表すわけで、それによって借り入れが行えるという仕組みとなっているのです。
いざ融資をお願いしたい、そう思ったときに不動産を担保に用意しますと、場合によっては、希望の借入額を手にする事ができないというケースが発生します。
この原因は、不動産としての評価価値が低く設定された事により、借入限度額が低くされてしまったからなのです。
このようなケースに遭遇してしまった場合には、決して一つだけにあたらず、複数の借り入れ候補先と交渉することをおすすめいたします。
不動産の価値をどう判断するのか、この辺りは見定める先によって評価が違ってきますので、労を惜しまずに行動に移しましょう。
不動産担保ローン・収益物件購入ローン・投資用物件購入なら当社にお任せください!