眼科で何かしらの治療目的で目薬を手に入れた場合、特にコンタクトをつけたまま使用してもかまわないと医者や薬剤師から言われた目薬以外は、基本的にコンタクトを外してから使用するようにしましょう。
といいますのも、つけたままだとせっかくの目薬の成分がそこで止まってしまうために、目の表面に薬の有効成分が充分に届かなくなってしまう可能性があるからです。
それだけですと、ただ単に目薬を使用しても効果が得られないだけですので、特に問題が起こらないと考える人もいるかもしれません。
しかし、使用する目薬の成分に、腐らないことを目的として防腐剤が添加されている場合は、コンタクトの材質と化学反応を起こしてしまい、劣化の進行や目に影響をおよぼす可能性が考えられるのです。
つまり、使い方を誤ってしまいますと、目薬を使用することによって、症状が緩和されるどころか、逆に目を傷つけてしまう可能性があるのです。
医者や薬剤師の意見には基本的に何かしらの根拠があります。
彼らが外してから使用するようにと説明した場合は、個人の主観で軽んじて扱うのではなく、正しく使用した方が、結果的に目の健康を悪化させずに、症状を軽くすることができるのです。
http://www.hiro-contact.com/