失った歯を補う歯科治療の方法は入れ歯だけでなく、ブリッジもあります。
ブリッジは欠損した歯が生えていたところの両隣に生えている正常な歯を支柱として使い、橋をわたすように人工の歯を入れる方法のことです。
見た目は自然で、噛み心地や味の感じかたは元々あった歯との違いに大差はなく、治療に要する期間も単純なものであれば長くはありません。
噛む力に関しては元々あった歯の6割ほどは出るようになることが多いです。

しかし、欠損した歯が生えていたところの両隣の歯を削る必要があり、それによるダメージを受けてしまうことになります。
また、装着しているときも削った歯は支柱として使われているため、負担がかかり続けることになってしまうのです。
ほかにも治療後にアゴの骨がやせていく問題があり、それによって耐用年数に影響がおよぶほか、削った歯がむし歯になってしまうと、イチからやり直す必要があります。
費用は保険診療の範囲であれば負担は軽いですが、見た目にこだわる場合には自由診療となり、全額自己負担となることがあります。

なお、欠損した歯を補う方法はブリッジのほかにもインプラントがあり、高い支持率を誇っています。
インプラント治療を行なっている医院のWebサイト、藤沢駅の歯医者ならゆめの森歯科ふじさわで詳細説明がありますので、興味のある方はみてみると良いでしょう。
http://www.yumenomori-fujisawa.com/