エクセルヒューマングループのEH酒造と、その酒蔵と工場がある風光明媚な安曇野を才色兼備のミスキャンパスが訪問しました。
日本酒造りに適した場所と酒造りの様子を実際に訪問して体験することで、その魅力や蔵人たちの酒造りに対す想いを知ってもらいたいというのが狙いです。
体験レポートやブログを通じて、ミスキャンパスたちが日本酒の素晴らしさを発信していくことで、日本酒に馴染みがない若者にも日本酒の美味しさを知ってほしいと、エクセルヒューマンは考えているのです。
ミスキャンパスが訪れた安曇野には、約20件の造り酒屋が点在しています。
その1つで店舗を構える酔園は、かれこれ200年もの伝統と歴史をもつ亀屋酒造店を受け継いでおり、江戸時代から伝わる酒造りを継承してきました。
安曇野の冷涼な気候と美しい水、雪が降り積もる厳しい冬の寒さといった風土を活かした銘酒が次々と生まれました。
それというのも、風土に恵まれたことだけでなく、酒をこよなく愛し、自ら心底飲みたいと思う酒造りに邁進するコダワリがあったからに他なりません。
そして、今、ミスキャンパスへの日本酒体験を提案するエクセルヒューマンが酔園の歴史と伝統を受け継いで、若い世代にも日本酒の素晴らしさを伝えるべく、21世紀の酒造りを目指しています。